FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪杯'15

大阪杯(G2)
阪神 芝2000 2連続開催4日目 Bコース

【傾向】
人気傾向
 1・2番人気好成績。プラス中穴(5~9番人気)が絡む。
血統傾向
 特注血統は父マンハッタンカフェ、他ではニジンスキー保持
前走傾向
 年内のG2組が良好。次点でG1組。G3以下からの参戦組は、後のG1級かコース適正のある馬。
斤量傾向
 58キロ背負った馬は勝ちきれないことが多い。
過去傾向
 リピーター性あり。
その他
 パフォーマンスを上げる鍵は、小回り適正。コーナー4つの1800や2000で好走するタイプが穴をあける。

【特徴】
 年齢的にも充実期にあるG1実績馬あるいはこれからG1を目指すレベルの馬が人気に応えて走る。
 一方、小回り適正が高い人気薄馬が穴をあける。

【まとめ】
 近3年は、馬券圏内1番人気、2番人気と5or6番人気の組み合わせで決着。
 超級レベルの馬と穴馬の組み合わせを選ぶ。
 
スポンサーサイト

予想150329

マーチS(G3)
中山 ダート1800 2日目
【注目馬】
 いずれもロベルト系持ち
 1ダノンカモン 高齢馬
 2ランフォルセ 高齢馬
 4ストロングサウザー 位置取り次第
 8メイショウカンパク ダートに疑問
 11ソロル 位置取り次第
 今年はリボー持ちは不在。
【分析】
 レースレベルは低い。
【予想】
 ロベルト系からピックアップは3頭
 ◎11ソロル リピーター性薄いレースだが、条件に合う。位置取りが極端に悪くならなければ。
 ○4ストロングサウザー 昇級の前走は後方大敗。クラスなれで位置取りとれれば・・だが、重賞ではどうか?
 ▲1ダノンカモン 加齢により中央の高速ダートはこなせなくなっていそうだが、中山ならなんとか。


高松宮記念(G1)

中京 芝1200 6日目 Aコース



予想150328

日経賞(G2)
中山 芝2500 2連続開催1日目 Aコース
【注目血統】
 重賞傾向分析であげたとおり、ハーツクライとダンシングブレーヴが特注。
【注目馬】
 3ウインバリアシオン 父ハーツクライ
 4ホッコーブレーヴ 母父ダンシングブレーヴ
 5クリールカイザー 父父ダンシングブレーヴ、牝系ファイントップ系
【予想】
 注目馬の序列が難しいが、3,5は人気するので、
 ◎4ホッコーブレーヴ
 ○5クリールカイザー
 ▲3ウインバリアシオン

毎日杯(G3)
阪神 芝1800 2連続開催1日目 Aコース
【注目血統】
 ディープインパクト産駒が5頭、ハーツクライ産駒が2頭。
【分析】
 通常ならディープ産駒から選ぶところだが、ぴったり条件が合う馬がいない。
 強いてあげるなら2グリュイエール。
 ディープ以外のサンデー系なら短距離指向が強い父のほうが走るが、該当馬なし。
 そこで、ハーツクライに注目。産駒は過去5年このレースには出走暦がないが、
 現代日本競馬向き、牝系にグレイソヴリン持ちと条件に合う。
【予想】
 ◎4ナヴィオン 阪神1400で勝利経験ありで、馬自身が短距離指向の切れ勝負馬。

マーチS'15

マーチS(G3)
中山 ダート1800 2日目

【傾向】
人気傾向
 ほぼ7番人気以内で決着。
血統傾向
 特注ロベルト系、リボー系内包。
 それ以外では通常のダート血統
斤量傾向
 57.5キロ以上の重斤量馬が好成績、期待値高い
過去傾向
 リピーター性は薄い。
脚質傾向
 後方一気は分が悪い。後は均等

【特徴】
 ロベルト系強い
 ハンデ戦だが人気上位が強く、斤量背負っていても走る。

【まとめ】
 人気順上位半分から、脚質が追い込みでない馬で、血統適正高い馬。

日経賞'15

日経賞(G2)
中山 芝2500 2連続開催1日目 Aコース

【傾向】
人気傾向
 1番人気は信頼度高いが、後は穴馬まで均等に走る。
血統傾向
 特注は父ハーツクライ、母父ダンシングブレーヴ
 スタミナ豊富な系統があれば上積み有り。
前走傾向
 ジャパンカップ・有馬記念組が圧倒的に強い(春にG1を目指す馬)。他は重賞からの転戦組。
斤量傾向
 斤量背負っていても血統適正高い場合などは戦える。
過去傾向
 特殊コースにもかかわらず、リピーター性が低い。

【特徴】
 天皇賞春や東京2500で好走するタイプが強いレース。
 このコース大得意のステイゴールド産駒が走らない。(1-0-0-6)
 
【まとめ】
 特殊コースのG2とあって独特の傾向がある。
 スタミナ豊富な血統を持ちつつも、G1で善戦できるくらいの実力があって、切れ勝負では分が悪いタイプ。

毎日杯'15

毎日杯(G3)
阪神 芝1800 2連続開催1日目 Aコース

【傾向】
人気傾向
 ほぼ5番人気以内、紐穴でも7番人気まで。
血統傾向
 過去5年馬券圏内は、父ディープ(全兄含む)8頭・短距離SS系4頭・ミスプロ系2頭・万能SS系1頭
 牝系は上記血統に相性良しなもの(グレイソヴリン・米国ノーザンD系・ミスプロ・ロベルト等)
枠傾向
 勝ち馬は6番より内枠、相手には外枠もくるが、外過ぎるとマイナスか
前走傾向
 同年内の重賞組が圧倒的に強い。条件戦組はキャリア浅いか近3走で2勝挙げるレベルが必要。
その他
 血統からもわかるように、現代的なキレ勝負レース。
 キレレースはたまに、流れ無視のダート型先行馬が穴をあける。

【特徴】
 皐月賞直前のレースとしては、関東は弥生賞・スプリングS(各優先出走権3)に対して、
 関西は若葉S(優先出走権2)・毎日杯(優先出走権なし)とレースの格が落ちる。
 どれを使うかは体調や相手関係などが影響するが、
 クラシックを目指す馬が毎日杯を使ってくるならば、賞金加算は絶対条件になる。

【まとめ】
 選ぶ馬は、現代日本競馬の申し子タイプ、重賞を使われながらクラシックを目指していて、内枠に入った馬。

回顧150322

ファルコンステークス(G3)
中京 芝1400 3日目 Aコース
馬券圏内に上位2頭と二桁人気1頭と例年の人気傾向。
ペースはまずまず流れたにもかかわらず、内枠先行勢が粘りきる。
タイム的に考えれば、前が強いというよりは、後ろが弱い(例年、上がり3Fでもっと切れる馬がいる)か。
レースレベルは低い。

フラワーカップ(G3)
中山 芝1800 7日目 Aコース
掲示板には1~4番人気と12番人気
人気上位が強いレースなので、問題は12番人気をピックアップできるか
血統から選べず、枠からも選べず・・・
見で正解。


阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000 8日目 Aコース
ペースが1000m毎に 早め‐遅め‐早め の展開
序盤やりあった割には、大逃げが打てない2頭は終了。
◎フーラブライトも切れる足が無い割には後方待機になり終了。
最初の1000mで一区切りついたため、後半2000mのレースとなり、
それをロングスパートで持久力勝負に持ち込んだゴールドシップと、
内回りコースながら瞬発力勝負を図ったディープインパクト産駒2頭で決着。
こちらは上位3頭と他の馬に実力差があったか。

スプリングステークス(G2)
中山 芝1800 8日目・Aコース
◎ダノンメジャーは、積極的な競馬で、勝ち馬と並んで4角動いていくも、最後飲まれて5着。
前半のペースは遅かったため、勝ち負けできるかと思ったが、実力差があった模様。
展開不向きで、差してきた6番は一枚上か。

予想150322

阪神大賞典(G2)
阪神 芝3000 8日目 Aコース

【注目血統】
 傾向分析で挙げた牝系
 該当は
 8ゴールドシップ マイバブー系
 9フーラブライト マイバブー系
 10メイショウカドマツ ロベルト系
【分析】
 これまでの傾向が絶対なら注目3頭で決まる。
 が、8はムラ馬で前走2200からの参戦、10は父がダイワメジャーと短距離指向とややずれがある。
【注目馬】
 9フーラブライト 牝系マイバブー系は複勝率100%、好ローテーション日経新春杯からの参戦。重賞勝ちがG3のみで斤量にも恵まれた。
【予想】
 ◎フーラブライト
 ○ゴールドシップ
 ▲メイショウカドマツ
 次点 7,6,2

スプリングステークス(G2)
中山 芝1800 8日目・Aコース

【注目血統】
 短距離指向の強いサンデー系、千四血統(非根幹ゆえ?)。一方、ディープは相性悪い。
 4タケデンタイガー Fデピュティ×Sバクシンオー
 7ミュゼスルタン 母父Fデピュティ
 10ダノンメジャー 父Dメジャー
 11フォワードカフェ 母父Sバード
【注目馬】
 10ダノンメジャー 前走は直線で競馬をやめたが、道中は絶好位。血統も適正高く。外人騎手を配してヤリ気配。
【予想】
 ◎ダノンメジャー
 ★ダノンプラチナ(個人的好み)

予想150321

ファルコンステークス(G3)
中京 芝1400 3日目 Aコース

テン3Fが極端に速い馬はいないので傾向は12年・13年を想定
【注目血統】
 千四重賞に適正の高い血統と短距離×ノーザンダンサー系に注目
 2コパノハート ストームB×Sバクシンオー
 3アクティブミノル ストームB×短距離サンデー
 4ビヨンジオール 短距離サンデー×ノーザンD系
 7マジックシャトル Tシャトル×ストームB
 11ケツァルテナンゴ チチカス(中京巧者多)×クロフネ
 13フミノムーン 49系
 15レンイングランド クロフネ×Sバクシンオー
 16セカンドテーブル 49系
 18ブリクスト チチカス×短距離サンデー
【分析】
 候補が多く難解。
 絞るよりも高配当を期待。
【注目馬】
 14セカンドテーブル クラシックへ記念出走よりも、適正の高い短距離路線で稼ぎにきている。
              先行脚質が疑問だが、格の高いレースで戦ってきた経験が生かせれば。
 11ケツァルテナンゴ ローテーションも良し、中京実績もあり、初の千四で上積みあれば。
【予想】
 過去の人気傾向から人気馬×穴馬のパターンを想定する。
 注目馬から手広く

フラワーカップ(G3)
中山 芝1800 7日目 Aコース
【注目血統】
 今年はゼンノロブロイ産駒出走なし
 ロベルト系は3頭
 4ココ 母父
 6アフェクシオン 母父
 13エグランティーナ 父
【分析】
 人気上位が強いレースに対して、血統候補は人気薄のみ。
 一方、人気馬が実績に乏しい極端な内枠に配置。
 過去の傾向が当てはまらないレースになる。
【予想】
 見

阪神大賞典'15

阪神大賞典(G2)
阪神 芝3000 8日目 Aコース

過去5年の傾向
【傾向】
人気傾向
 1番人気複勝率100%、馬券圏内はすべて6番人気以内
血統傾向
 牝系に特徴あり。
 馬券圏内すべてマイバブー系・ノーザンダンサー系・ロベルト系・サドラーズウェルズ系・グレイソヴリン系のいずれか
前走傾向
 馬券圏内すべて、二四以上。(有馬・ダイヤモンドS・日経新春杯・万葉S・16万等)
 京都記念組は、6頭出走して馬券圏内なし(平均人気4.2番人気)

【特徴】
 特殊条件レースであるため、特殊条件への下地(特定の牝系など)が求められる。
 さらに長距離への下地(血統・前走レース・実績等)を持っている必要がある。

【まとめ】
 小頭数になる特殊条件レースなので、血統・ローテ・実績から有力馬をピックアップして点数を絞って勝負

ファルコンステークス'15

ファルコンステークス(G3)
中京 芝1400 3日目 Aコース

同条件で施行された過去3年を対象とする。
ただし、14年は前半3ハロンが33.0と前二年間と比較して2秒近く速く流れているため、
やや傾向が異なると考えられる。

【傾向】
人気傾向
 いずれの年も馬券圏内には5番人気以内から2頭、二桁人気から1頭出現。
血統傾向
 12年・13年は、千四種牡馬・ストームバード系、配合では父短距離系×母ノーザンダンサー系。
 昨年は、KカメハメハとDインパクトのワンツー。
前走傾向
 重賞組が有力。500万組は同級で勝ち負けできる実力が最低ライン。オープン特別組は苦戦傾向。
 (純スプリンターを除いて、この時期にマイル重賞ではなくオープン特別を使っている場合は大体が実力で劣る。)

【特徴】
 3歳で貴重な千四重賞。これまでのオープン特別のレースに比べて流れが厳しくなる。
  →差し追い込み圧倒的有利、先行勢は3着が精一杯
  →前走500万級でも、過去に重賞の流れを経験しているとプラス

【まとめ】
 標準的な流れであれば、重賞を戦ってきたorまだ底を見せていない千四巧者を選ぶ。
 (極端に速いペースになるようなら、マイル指向が必要?)

フラワーカップ'15

フラワーカップ(G3)
中山 芝1800 7日目 Aコース

【傾向】
人気傾向
 ガチガチではないが、基本的には上位人気馬(6番人気以内)から
血統傾向
 特注血統はロベルト系・ゼンノロブロイ
 日本の高速馬場では切れ負けるようなタイプ
枠傾向
 極端な内枠は割引が必要。
前走傾向
 重賞経験があればプラス。条件戦からでも戦える。

【特徴】
 ディープインパクト産駒0-1-0-7(複勝率12.5%)に対してゼンノロブロイ産駒1-2-1-3(複勝率57.1%)
 →非主流競馬、ここでしか走れないタイプが勝負を掛けてくる。

【まとめ】
 さしずめフィリーズレビューの関東版
 関東所属馬を中心に弱い相手関係と中山の非根幹距離で賞金を取りに来るレース。
 人気上位3分の1くらいから適性高い馬、ここが勝負気配の馬を探す。

回顧150315

フィリーズレビュー(G2)
17クイーンズリング、馬体重-20キロを見て、ローテーションの謎が解けたと思った。
調整失敗でこのレースを選ばざるを得なかったのだと・・・。
なのに・・・これは超級の名馬かもしれない。でも、桜花賞は当然軽視の予定。
13ペルフィカは、思い切りのいい騎乗が見事にはまった。
ボールドルーラー持ちではあったが、外枠と脚質から狙いにくいところ。
2ラフォルツァートは、道中バタバタした分だけ最後一杯に。内枠だけに早めに位置を取りに行くのは仕方ないか。

中山牝馬ステークス(G3)

予想馬で最下位から4頭の4連単。穴狙いで傾向読み間違えれば割とよくある。
道中、6番の典さんが5番に競りかけて行った時点でほぼ終了。
【反省】
斤量差のないハンデ戦はハンデ戦とは思わないほうがいい。

予想150315

フィリーズレビュー(G2)
【注目血統】
最大の注目血統は、ボールドルーラー系(過去・母父に保持馬2-0-1-1)
次点で、ロベルト系・フォーティナイナー系・マッチェム系
個別種牡馬としては、ファルブラヴ(ボールドルーラー内包でもある)・タイキシャトル

【分析】
前段分析で述べたとおり、本気で桜花賞・オークスを勝ちたいならフィリーズRを選ばない。
このレースは、賞金・クラシック出走権がテーマになる。
前売1番人気は17クイーンズリング、2戦2勝で鞍上Mデムと来れば通常は勝負気配…最低でも出走権…となるが、関西馬にも関わらずデビューから2戦とも中山を使っており、さらにここで千四を使ってきたことが引っかかる。
クラシック参戦がテーマならここは勝ち負けになるが…判断が難しい。
2番人気は10ムーンエクスプレス、実績では最上位。クラブ馬であり血統的にもここが勝負。本番は不要なタイプ。
3番人気は2ラフォルツァート、今回買わないでいつ買うのか?という馬。父ロベルト系・母ボールドルーラー系、ラフィアンの馬、鞍上外国人、内枠、先行馬、すでに9戦目と。ここまでフィリーズRホースの条件がそろうと逆に疑いたくなるほど。
その他では9番人気14番スマートプラネットに注目、父ファルブラヴ、上位条件で先行してまずまず、千四巧者。

【予想】
◎2ラフォルツァート
○10ムーンエクスプレス
▲14スマートプラネット
次点4,8,6,1


中山牝馬ステークス(G3)
【予想】
◎13シャトーブランシュ
○1フレイムコード
▲14オメガハートロック
以下5,7,6

中山牝馬ステークス'15

中山牝馬ステークス(G3)
中山 芝1800 6日目 Aコース

【傾向】
人気傾向
 かなりの人気薄まで均等に来る
血統傾向
 グレイソヴリン保持・父キングカメハメハ・母ノーザンダンサー系
斤量傾向
 52キロ前後の軽量組が期待値高い 
前走傾向
 1600万級からの挑戦組が人気薄で穴あける
過去傾向
 リピーター性あり

【特徴】
 血統→全体的に重い目の芝馬が走る。本格派サンデー系の成績が悪い
 軽量・1600万組の期待値が高い→牝馬ハンデ戦なので格より適正や勢い

【まとめ】
 中山中距離牝馬限定のハンデ戦らしいレース。
 馬場適性の高さを重視

フィリーズレビュー'15

フィリーズレビュー(G2)
阪神 芝1400 6日目 Aコース

【傾向】
人気傾向
 勝ち馬は上位3番人気強い、相手には超大穴まで
血統傾向
 ディープ産駒すべて馬券圏外
 米国血統・洋芝血統・1400得意血統・ダート血統強い
枠傾向
 勝ち馬は内枠から、他はほぼ均等
前走傾向
 上級条件経験あるほど良し、距離もマイル組強い

【特徴】
ディープ産駒が0-0-0-5(平均4.8番人気)→クラシックへ向かうような馬は出走しない上、条件が合わない
米国・洋芝・1400・ダート血統強い→切れ勝負ではなく、持久力のある馬
上級条件・マイル組強い→3才春までの牝馬路線は基本的に厳しい流れを知っているほうが有利

【まとめ】
一言でまとめると、クラシックで通用しない上級条件馬が賞金を稼ぎに来るレース。

予定

競馬予想の備忘録

重賞毎の傾向分析を重ねていきたいと思ったのでブログを作成。
月~水は、週末に行われる各重賞の分析
木~金は、特注・ピックアップ馬
金~日は、予想と反省
プロフィール

specialprose

Author:specialprose
競馬暦20年以上
最近はメインレースのみ参加する軽いファン。
レースの特徴と関係者の意図を理解すれば、馬券は当たる。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。